本サイトへ戻る
カテゴリー一覧

Int'lecowk 2021年7月号(通巻1111号)目次

■特集:コロナ禍における介護労働

グローバリズムを点検する
 第18回:五輪経済効果の幻想
 小原 篤次(長崎県立大学 准教授)

地球儀
 コロナ・パンデミックとその社会的影響をめぐって(2)
 板東 慧(国際経済労働研究所 会長)

特集:コロナ禍における介護労働   
 コロナ禍で再認識された介護人材確保の重要性とその課題
  ―高齢者支援を中心に―
 森詩恵(大阪経済大学 教授)

 コロナ禍以前から続く介護職員の不足を考える  
 川口啓子(大阪健康福祉短期大学福祉実践研究センター センター長)

 インタビュー 
 日本介護クラフトユニオン

論壇ナビ2021
 第6回:疲弊する官僚の「働き方改革」
 秦 正樹(京都府立大学公共政策学部 講師)

リサーチファイル
 第16回:谷合佳代子インタビューを巡って(1)
 本田  一成(武庫川女子大学経営学部 教授)

議案書を読む
 
 篠田 徹

主要経済労働統計

Project News

※ 今月の「Monthly Review」「労働批評」は、 紙幅の都合上、休載させていただきます。


既刊情報 の他の最新記事