【公開講演】労働組合と政治活動(2016年1月26日・東京/大阪)

労働組合はなぜ政治活動をするのか?

--この問いに、あなたならどのように答えますか。また、日々の組合員との対話の中で、どのように返答しているでしょうか。

本講演では、まずは現在の日本政治を俯瞰的に捉え直し、「政治」とは何であるかを考えます。端的にいえば、「政治」は、一人では解決できない問題を、みんなで考え解決していくことであり、私たちは日常生活のレベルでも、無関係ではいられないものなのです。
この点を踏まえ、労働組合と政治との関係について、取り組む意義や必要性、社会的役割など様々な観点から検討していきます。

2016年7月には、第24回参議院選挙が行われる予定です。この選挙は、日本社会にとってはもちろん、労働組合にとっても今後の方向性を決める重要な分岐点になるでしょう。政治活動の一つである選挙の位置づけや取り組み方も含め、
海外事例やこれまでの研究成果も用いながら、参院選と今後の日本政治についても考えてみたいと思います。 

◆日時
 2016年1月26日(火)  開演 9:30 終了12:00 (受付9:15~)

◆会場
 東京   アイオス五反田ビル(東京都品川区)
 大阪(WEB) パナソニックグループ労働組合連合会ユニオンプラザホール

◆対象 労働組合支部執行委員以上


  ※講演は東京会場で行います。大阪会場は、WEBでの配信となります。

 
参院選まで半年というタイミングで、「労働組合と政治活動」の原点に立ち返るとともに、参院選に向けての取り組みや、今後の労働組合の政治活動に活かしていただける内容となっています。

 今後も様々なテーマで「労働政治セミナー」を本格的に実施予定です。今回はそのプレ開催という位置付けで、参加いただきやすい内容、費用の企画となっています。ぜひご参加ください。


 講師のご紹介

篠田 徹

(しのだ・とおる)

早稲田大学社会科学総合学術院教授
公益社団法人 国際経済労働研究所 理事

1959年生まれ。
1987年、早稲田大学政治学研究科博士後期課程中退。
主著『世紀末の労働運動』(岩波書店、1989)、『2025年日本の構想』 (共著)(岩波書店、2000)、『米国民主党―2008年政権奪回への課題』 (共著)(日本国際問題研究所、2005)

 

 

★詳しいご案内は こちら(PDF)をご覧下さい。

★お申込書は こちら(Excel)をご覧下さい。

 

 <問い合わせ先・申込書送付先>

国際経済労働研究所 労働・政治研究事業部

電話:06-6943-9490
FAX:06-6943-9540

メールアドレス:seminar_seiji_at_iewri.or.jp
(_at_ を@ に変更してください。)



公開:2015.12.3